アイリッドアップパーマする?しない? | アイリッドアップパーマ専門店【eyelash KIRALI】相模原・橋本
toggle
2020-06-27

アイリッドアップパーマする?しない?

こんにちは

相模原市 橋本のまつげ専門店eyelash KIRALIです。

 

昨日は日帰りで仙台に行ってきました。

何のためかというと、アイリッドアップパーマのフォローアップ講習を受けに。

今回、セミナーの10日ほど前に通常のまつげパーマ(シリコンでできたロットと呼ばれる土台にまつげを貼り付けてパーマをかける方法)をかけてから行きました。

※今、様々な名前で様々な種類のまつげパーマがありますが、基本的には大きさや形状の違うシリコンロットを使用して、貼り付けてその形に沿ってカールをつける方法は同じです。アイリッドはシリコンロットは使いませんし、特許取得の特殊技法でまぶたもあげていきます。

 

そして、セミナーではアイリッドアップパーマの考案者キラ先生のデモンストレーションがあるのですが、私もやってもらいました。

まずは片目だけ。

向かって左がアイリッドアップパーマ、右がシリコンロットのまつげパーマ。

一目瞭然!でアイリッドアップパーマの方がまぶたも上がって大きく広がってますよね!

 

まぶたを持ち上げることで、一重の方が二重になったり、眼瞼下垂のかたも視界が広くなることで頭痛が無くなったりします。

もちろん、個人差があるので一回で上がる方もいれば、複数回やって徐々に癖づいていく方もいます。

重たい一重で繰り返しされているお客様は、次にお越しいただく時にうっすら二重ラインがついてきたという方もいらっしゃいます。

 

両目施術後に撮った動画をインスタグラムにアップしているので、よかったら見てくださいね。

View this post on Instagram

【改めて衝撃!】 アイリッドアップパーマについてです アイリッドアップパーマは別名「まぶたあげパーマ」と呼ばれるように、まつげだけでなく、まぶたを持ち上げてくれます。 既にアイリッドアップパーマを体験されて、実感されている方も多いと思いますが、通常のまつげパーマ(〇〇ラッシュリフトと言ったようなシリコンで出来た土台をまぶたに乗せてカールさせるもの含む)は土台のカーブのとおりにカールをさせるので、まぶたが上がったりはしません。 先日、シリコンの土台を使いまつげを直角くらい真っ直ぐに上に上げるまつ毛パーマの1種をやってみました。 私は、まつ育のお陰で自まつ毛も長いですし、二重で生え際も下向きではないので、上がりました。 その10日後の昨日、右目だけアイリッドアップパーマをかけてもらいました。 その写真が1枚目↑ ↑ アイリッドアップパーマの方は、自まつ毛の生え際からまぶたごと持ち上がってるのがわかると思います。 他のまつげパーマで上がらなかった方が、アイリッドなら上がると言うのは、この違いがあるからです。 もちろん、個人差はあります。 一度でバッチリ上がる人もいれば、回数を重ねて上がるようになる方もいます。 何度も繰り返しているうちに、一重の方も二重ラインが癖付いてきたり、まつ毛もキープ出来るようになっていきます。 出来る人が限られるまつげパーマではなく、どんな人もあげられる技術なんだ!と改めて強く実感しました☺︎ あとは、私の腕次第! しっかりどんなまぶたのお客様もパッチリに出来る様に頑張るのみ! まだの方は一度体験してみてくださいね! ちなみに動画は両方やってもらった後☺︎ 伏し目も正面も綺麗✨ 今日は長文にお付き合いいただき、ありがとうございました♡ #アイリッドアップパーマ #まぶたあげパーマ

A post shared by 小山かおり (@kirali.kaori) on

 

まぶたごと持ち上げて、まつげを生え際から立ち上げるアイリッドアップパーマ。

ぜひ、お試しください☺︎

関連記事